2021年10月7日

リフォーム業者のポスティングチラシで反響率をアップする方法とは?

リフォーム業における集客手法として、チラシのポスティングは一般的な方法です。従来から行われてきた手法ですが、チラシのポスティングで成果を得るには、反響率をアップさせなくてはなりません。本記事では、ポスティングチラシの反響率が上がらない原因や、アップさせるポイントについて解説します。

リフォーム業者のポスティングで反響率が上がらない原因

チラシは、ポスティングすることが目的ではなく、問い合わせや工事の受注につながらなければ意味がありません。ポスティングに取り組んでいるリフォーム会社は少なくありませんが、成果に結びついていない会社が多いのも事実です。では、いったいなぜチラシの反響率が上がらないのでしょうか。

ターゲティングが曖昧

チラシに限らず、広告を活用する際にはターゲティングが重要です。ターゲティングが曖昧では、狙った成果を得られないため注意が必要です。

反響がないのは、配布エリアを広くしすぎているのかもしれません。多くのリフォーム会社は、工事に対応できる商圏が決まっています。配布エリアが広すぎると、商圏以外にも配布してしまうのです。
リフォームを依頼する側としては、わざわざ遠方の業者に発注しようとは考えません。そのため、商圏以外に配布したチラシからは成果を得るのが難しいと言えます。

また、チラシにまったく興味や関心のない層へ配布してしまっている場合もあります。たとえば、新築の戸建て住宅が数多く建ち並ぶようなエリアにリフォームのちらしを配布しても、工事を受注できる可能性はかなり低いでしょう。

チラシの内容がターゲットに合っていない

チラシの内容がターゲットにマッチしていないと、手に取ってさえもらえません。ターゲット層を明確にしていても、チラシを作成するときはメインターゲット層に響くデザインや内容になっているか、確認する必要があります。

たとえば、ターゲット層が65歳以上の高齢者だとしましょう。この場合、考えられるのは手すりやスロープなどの設置をはじめとした、バリアフリー工事が挙げられます。チラシには、どのようなバリアフリー工事ができるのか、得られるメリットも含めて記載します。

あくまでこれは一例です。このように、狙っているターゲットの興味を引ける内容を盛り込まなければ、チラシに目を通してもらえません。ターゲットを明確にし、そのうえで盛り込む内容やデザインを考えることが大切です。

ポスティング業者の選定に失敗している

ポスティング業者にチラシの配布を委託しているケースでは、業者選びに失敗しているおそれがあります。ポスティング業者はたくさんありますが、中には管理体制がいい加減なところもあるため、注意が必要です。
管理体制がしっかりしていない業者の場合、スタッフがきちんとチラシを配布していないかもしれません。会社には配布したと伝え、チラシを自宅に持ち帰りこっそり処分している、といったことも考えられます。
また、スタッフの管理や教育が行き届いていない業者の場合、配布場所を間違えてしまうかもしれません。これでは、せっかくターゲットに響くチラシを作成しても、設定したエリアに配布してもらえないため、成果を得られないでしょう。

業者によっては、激安価格を維持するため、サービスやサポート体制が整っていないこともあります。費用面は大切な選定ポイントですが、それだけで選んでしまうと、かえって費用を無駄にしてしまうおそれがあるため、注意が必要です。

反響率を上げるための準備3つ

ここからは、チラシの反響率を上げるための準備について解説します。何かの取り組みを始める前には、入念な準備が欠かせません。きちんと準備をしたうえで、チラシの作成と配布を実行しましょう。

広告の目的や目標を明確化する

目的や目標が明確になっていなければ、何のためのチラシなのかわからなくなってしまいます。チラシの配布でどのような成果を得たいのかは、その後の戦略やターゲティングの指標にもなるため重要です。

目標は大ざっぱにではなく、細かく設定するのがポイントです。「売上を増やす」ではなく、「新規顧客を〇人獲得し、売上〇〇円を達成する」といった具合です。
目的や目標によって、チラシの内容も変わります。目的が曖昧では、誰に何を伝えたいのかよくわからないチラシになってしまい、無駄になってしまうおそれがあります。まずは、広告を配布する目的と目標をきちんと設定しましょう。

地域の特性を把握する

ポスティングを用いた集客に取り組む前に、配布エリアの特性を把握しておくことが大事です。どのような建物が多いのか、どういった層が暮らしているのか、といったことを把握できれば、それに合わせたチラシを作成できます。

どのような地域なのかまったく把握できていないと、オフィス街にチラシを配布してしまうかもしれません。また、リフォームとは無縁の、賃貸マンションやアパートに配布してしまうことも考えられます。
このような無駄をなくすためにも、事前に地域の特性は把握しておきましょう。情報収集のため、実際に現地へ時間を変えて何度か足を運んでみるのもおすすめです。

ターゲットを絞りニーズを把握する

チラシの効果を最大化させるには、ターゲットを絞り込むことが大切です。ターゲットが明確にした上で、ニーズを把握しもっともマッチした内容のチラシを配布できます。

たとえば、高齢者がターゲットなら、バリアフリー工事や二世帯住宅などを前面に推し出したチラシが有効だと考えられます。専業主婦がターゲットなら、システムキッチンをはじめとした、水回りのリフォームが需要にマッチするでしょう。

ターゲットを絞り、ニーズを把握できれば、おのずとチラシに盛り込む内容は絞られてきます。配布エリアを考えることも大切ですが、それ以上にターゲティングとニーズの把握に時間を割きましょう。

反響率が高いチラシのポイント3つ

チラシのポスティングで成果を得られている企業もあれば、まったく成果を得られていないリフォーム会社もあります。では、いったい何がそれほど違うのでしょうか。ここでは、反響率が高いチラシのポイントを3つに絞って解説します。

セールスポイントが明確になっている

リフォームにおいて反響率が高いチラシは、セールスポイントが明確です。たとえば、「どんな工事も承ります!」とアピールしているチラシと、「外壁塗装の専門店です!」と謳っているチラシ、どちらが関心を引けるでしょうか。

外壁塗装を検討している方なら、高い確率で後者を手に取るはずです。専門店のほうが「知識や経験が豊富」、「確かな技術力を有している」、という印象を持つからです。

セールスポイントを明確に打ち出すため、まずは自社がどの工事をメインに勝負するのかを決めましょう。「何でもできます、やれます」というアピールは、実際にそうであっても、情報を簡単に手に入れられる現代において逆効果です。

また、工事メニュー以外の強みを打ち出すのもアリです。「地域密着型なので最短10分で駆けつけます」や、「どこにも負けない低料金!」「どこよりも長い10年の保証付き!」なども、セールスポイントとして有効です。

伝えたいことが一目でわかる

伝えたいことがひと目でわかるチラシでないと、手に取ってもらえません。地域によっては、日々大量のチラシがポスティングされることもあり、多くの方は一瞬チラシに目を向けただけで読むか捨てるかを判断しています。
手に取ってもらい、読んでもらうには、目を引くキャッチコピーが有効です。思わず読みたくなる、インパクト抜群のキャッチコピーを考えてみましょう。

また、リフォーム工事の場合、完成形のイメージが湧きにくいため依頼するかどうか悩んでいるといった方もいます。チラシにビフォーアフターの写真を掲載し、視覚的に訴えるのも効果的でしょう。

ターゲットに有益な情報が載っている

有益な情報が載っていると、チラシの内容すべてに目を通してもらえる可能性が高まります。たとえば、美容室やネイルサロンなどは、チラシにクーポンをつけ、捨てられにくい工夫をしています。

リフォーム会社でも同様に、チラシを手に取った方が興味を持ち、捨てにくくなるような工夫を凝らすことが大切です。リフォーム工事の場合は、割引クーポンの配布は難しいため、何らかの特典を載せるとよいかもしれません。
たとえば、「トイレ工事を依頼した先着10名様に商品券をプレゼント」といった感じです。また、自社で魅力的なイベントを開催するのなら、その情報を載せるのもよいでしょう。小学生の子どもが多い地域であれば夏休み期間中の子ども向け体験イベントや、専業主婦が多い地域ならリフォームに結びつくカルチャー教室や講座開催など、読む人の目線になって、有益と感じてもらえる情報を掲載しましょう。

反響率が高いポスティング業者の選び方5つ

ポスティング業者によって、反響率が大きく変わることを覚えておきましょう。ここでは、チラシの反響率を最大化するため、ポスティング業者選びのコツをピックアップしました。

曜日や時間帯を調整している

ポスティングを行う曜日や時間帯によって、反響率が変わるといわれています。チラシに盛り込む内容や、デザインが重要なのはいうまでもありませんが、同じくらい配布する曜日や時間帯も考慮しなくてはなりません。

業者によっては、効果の高い曜日や時間帯に調整し、配布を行ってくれるところもあります。また、そこまではしていなくても、クライアントの要望に沿って、柔軟に配布曜日や時間を設定できるところもあります。

継続的に投函している

業者の選び方ではありませんが、ポスティングの反響率を高めるには、継続した投函が欠かせません。一度や二度のポスティングで、効果がないとやめてしまうケースがありますが、これではお金を無駄にしたようなものです。

ポスティングは、継続して実行しつつ、検証と分析で改善を図りながら進めることが大事です。PDCAを回しながら実行することで、少しずつ問題点が改善され、多くの反響を得られるチラシへと昇華させられます。業者に依頼するケースであっても、継続的に依頼を続けるのが反響率を高めるコツといえるでしょう。

効果を測定し分析している

ポスティングの効果を分析することで、次につなげられます。分析をしないと、まったく成果の上がらないエリアに、延々とポスティングをしてしまうおそれもあります。反響があったときはもちろん、なかったときも、きちんと効果の分析を行いましょう。

たとえば、配布エリアごとに、異なる色のクーポンをつけることで、エリアごとの反響率をチェックできます。この方法は、消費者に直接クーポンを持参してもらう仕組みを設定している場合に有効です。
そうでない場合は、電話番号やメールアドレスの横にエリア番号を割り振る方法です。電話なら問い合わせがあったときに聞いたり、メールからの問い合わせならクーポンコードなどの入力枠を設定し、記載してもらったりという方法があります。これにより、どこのエリアから問い合わせがあったのかをすぐに把握できます。

スタッフの管理体制が整っている

スタッフの管理体制が整っていないと、きちんとチラシを配布してもらえない可能性があります。スタッフにGPS機器を所持させ、配布状況を逐一チェックしているような会社なら、比較的安心できるでしょう。

管理体制がしっかりしていない会社に依頼してしまうと、間違ったエリアに配布されてしまうおそれがあります。結果的に、クレームが発生し、企業としての信頼を失ってしまうかもしれません。このような事態を回避するためにも、管理体制のしっかりした会社を選びましょう。

料金が妥当である

ポスティング業者によって、料金形態や単価などが大きく異なります。ただ、ある程度の相場はあるため、事前にリサーチしておくと、料金が妥当かどうか判断できるでしょう。

激安を売りにしている業者もいますが、安さだけで選んでしまうのはリスキーです。安すぎる業者の場合、管理体制がしっかりしておらず、何もかもスタッフ任せになっているのかもしれません。のちのちトラブルに発展する可能性もあるため、価格だけで決めることはやめましょう。

特に、根拠のない安さをアピールしているところは、おすすめできません。安価である根拠を明確に説明できるような業者なら、まだ安心できます。事前にきちんと見積もりをしてもらうことも忘れないでください。

リフォーム業者のセールスポイントになり得る「ドローン」

ドローンを用いれば、屋根の点検や外壁、雨樋の調査などに利用できます。従来は、職人が屋根や足場にのぼり直接点検、調査していましたが、この手法ではどうしても時間がかかり、危険も伴います。

また、屋根の上がどのような状態になっているのか、お客様がわからないという問題もありました。しかし、ドローンなら、そのような問題も解決できます。屋根や壁面の高い位置も、ドローンで空撮できるため、地上にいるお客様に問題点を的確に指摘できます。

まだまだドローンを活用しているリフォーム会社は多くありません。いち早く導入することで、他社との差別化が図れ、セールスポイントとしてアピールできます。

まとめ

ポスティングで成果を得るには、事前のターゲティングとニーズの把握が大事です。チラシ作成ではセールスポイントを明確にし、伝えたいことがひと目で伝わる内容に仕上げましょう。ドローンを活用して他社との差別化を図りたいのなら、「DroneRoofer」の導入がおすすめです。丁寧なサポート体制があり、安心して導入できます。
DroneRooferはこちら:https://lp.drone-roofer.com/

NEWSLETTER

ニュースレター

presented by DroneRoofer

NEWSLETTER

ニュースレター

DroneRooferが提供する屋根点検メディア MOTTOBE(モットべ)の
最新記事や新情報などを通知いたします。
ご登録希望の方は、下記フォームよりご登録ください。

REQUEST

DroneRoofer
資料請求

サービス導入で叶える
3つの機能をご紹介

・「操縦」をカンタンにできる機能
・「現地調査」を効率化できる機能
・「受注率」向上に繋がる機能

DroneRooferは点検・現場調査に携わる方の提案力や営業力を
向上させる建築事業者向けドローンサービスです。
フォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレスに資料ダウンロードのURLを
送付いたします。

会社・組織名

必須

お名前

 

必須

都道府県

主な事業内容

現地調査数

電話番号

必須

メールアドレス

必須
PAGE TOP
ドローンによる屋根点検サービスをお探しなら資料請求はこちら