2021年11月11日

リフォーム業界の今後は? 生き残りと成長のために求められる取り組み

リフォーム業界を取り巻く環境は、年々変化しています。リフォーム事業を営む企業が今後生き残るためには、正確な現状把握と先見性、具体的な施策が必要と言えるでしょう。本記事では、リフォーム業界の課題や生き残るための戦略について解説します。記事の内容を踏まえ、業界で生き残るために何をすべきかを理解しましょう。

リフォーム業界は参入企業が増加

近年、建設や建築に直接関わりのない業界が、リフォーム事業に乗り出しています。従来はリフォーム専門店や工務店、建設会社などがリフォーム事業を手掛けるケースが大半でした。しかし最近では、家電量販店やホームセンターなどもリフォーム事業へ参入し始めています。

このように、リフォーム業界では異業種からの参入が相次いでおり、競争が激化しているのが現状です。では、一体どうして異業種からの参入が増えているのでしょうか。
答えは意外とシンプルで、「ビジネスチャンスが転がっている」からです。例えば家電量販店なら、あらゆる家電を扱っているため、オール電化住宅を希望する層からの需要が見込めます。また、ホームセンターは建築資材や工具などを扱っており、そもそも「リフォーム工事との相性がよい」という点が、大きな参入理由と考えられるでしょう。

これら以外にも、近年では大手ECサイトがリフォーム事業に進出を果たしました。あらゆるモノがネットで購入できる時代になった今、リフォーム工事もオンラインで販売されるようになったのです。

リフォーム市場の規模は大きく、依然さらなる拡大が見込まれます。今後は、これまで以上にさまざまな業界から、リフォーム業界に進出する企業が増えるでしょう。しかし、次々と競合が増えれば、力のない事業者は淘汰されてしまう恐れがあります。このような現状だからこそ、リフォーム事業者は生き残るために何をすべきかを考え、具体的な施策を進めなくてはなりません。

リフォーム業界の課題

生き残りをかけて戦うためには、業界を取り巻く課題について理解しておく必要があります。どのような課題があるのかを明確化しないと、有効な対策も打てません。以下、リフォーム業界における課題をいくつかピックアップしました。

悪徳業者が絶えない

一時期、悪質なリフォーム工事や業者が横行し、社会問題となりました。メディアでも大きく取り上げられたため、記憶にある方も少なくないでしょう。メディアや警察、自治体などが注意喚起を始めたことで、このような悪徳業者は少しずつ淘汰されていきました。しかしもちろん、完全にいなくなったわけではありません。

現在でも、悪徳業者による被害は発生しています。無料で点検を行い、「このままでは雨漏りが起きる」「地震が発生したときに家が倒壊する」など、不安を煽って契約を迫る手口は未だにあります。
また工事完了時に、見積金額よりも高い工事代金を請求する、といったケースも少なくありません。場合によっては、業者が勝手に追加工事を行うことでどんどん追加料金を加算し、最終的には莫大な金額を請求するケースもあります。

このような悪徳業者の存在は、業界全体に暗い影を落としています。「騙されるかもしれない」「高額な費用を請求されるかもしれない」といった懸念や不安を消費者に抱かせてしまい、優良な事業者がなかなか工事を受注できない、といった問題があるのです。

人手不足

国土交通省の推計によると、「建設技能者の約1/4を60歳以上の高齢者が占めている」という結果が出ています。一方で20~30代の職人は少なく、業界は慢性的な人手不足に陥っていると言えるでしょう。
(参照元:https://www.mlit.go.jp/common/001227160.pdf

少子高齢化が進む我が国においては、今後ベテランの職人はどんどん引退し、若手の労働力確保も難しくなると考えられています。市場規模は拡大の一途をたどっているものの、人手が足りない状態が続いており、需要に供給が追いつかなくなっているのです。

また、技術を身につけるまでに時間がかかるのも、人手不足の一因と言えるでしょう。かつてのように「親方が弟子を取って育てる」といったケースは少なくなっています。
しかし新人が建設や建築の技術を身につけるには長い時間が必要です。それなりに稼げるようになるには、厳しい下積みを続ける必要があるため、途中で挫折してしまうケースも少なくありません。一人前になる前に、辞めてしまう人材が多いのも実情です。

このような人手不足が続けば、受注できる工事の総数も少なくなってしまいます。そうなれば、収益にも大きな影響を及ぼしてしまうでしょう。職人一人ひとりへの負担が大きくなり、工事の品質が低下してしまう恐れもあります。

業者の技術力がわかりにくい

リフォーム工事は、実際に手掛けてもらわないことには、技術力があるのかどうかわかりません。さらにいえば、実際に手掛けてもらったとしても、素人には技術力の有無を知る由もないのです。

工事に資格や認可が必要なら、それらを取得しているかどうかで、技術をある程度推し量ることは可能でしょう。ただしリフォームの場合、500万円以下の工事には資格や認可が必要ありません。また、第三者による保証などが義務化されていないため、消費者からは技術力や工事品質などがわかりにくいのです。

消費者としては、業者の技術力がわかりにくいと「どの事業者へ工事を依頼すればよいのか」がわかりません。リフォームとなれば相応の費用が発生するため、消費者側は「絶対に失敗したくない」と考えるでしょう。しかし慎重に業者を選びたいものの、選定基準がわかりにくいため、結局は工事の発注を断念してしまうケースもあるのです。
これも、リフォームを手掛ける事業者としては、頭を悩ませる大きな課題と言えます。技術力に自信があっても、消費者に伝えられなければ意味がありません。したがって、「自社の技術力や強み、依頼するメリットなどを、いかにわかりやすく伝えるか」を考えることが、業者には求められます。

リフォーム業界での生き残りに必要な戦略とは

今後のリフォーム業界で生き残るためには、インターネットの活用が欠かせません。また、品質や安全性を強化し、他社との差別化を積極的に図ることも大切です。生き残りに必要な戦略を理解し、取り組みやすいことから始めてみましょう。

情報発信でネットを活用する

現代の業界で生き残るためには、ネットの活用が不可欠です。事実、大手を含む多くのリフォーム会社や工務店、建設会社などがネットを積極的に活用し情報発信しています。

ネットを活用する最たる目的は、集客力の向上です。ネットやスマートフォンの普及により、今や誰もが手軽かつ迅速にさまざまな情報を入手できる時代となりました。リフォームに関する情報も、ネットで収集している方が多くを占めています。

サイトやSNSを活用すれば、自社が得意とする工事や強み、依頼するメリットなどを発信できます。競合の多くがネットで情報発信している現在、消費者の選定候補として認識されるための前提として、自社でもそれらの取り組みを実行しなくてはなりません。

また、ネットを用いれば消費者との関係構築にも役立ちます。リフォームでは高額な費用が発生しやすいため、消費者は信頼できる業者に依頼したいと考えています。例えば「SNSでユーザーと積極的に交流を図る」「有益な情報を発信する」などすれば、良好な関係を構築でき、問い合わせや受注につながる可能性もあるのです。

サイトやSNS以外にも、Web広告やブログの執筆など、ネットを活用した集客手法はいくつもあります。従来のプロモーションより費用を抑えられるケースも多いため、活用しない手はないでしょう。

品質や安全性を強化する

業界で生き残れるリフォーム事業者となるには、品質や安全性を強化する必要があります。品質や安全性を強化することで、顧客満足度を向上させられ、リピーターや紹介案件の獲得、よい口コミの拡散といった効果が期待できるからです。

利益向上のため集客力強化に努めるのは、方向性としては間違っていません。しかし、集客に成功したとしても、工事の品質がよくなかったり、安全性が低かったりすれば、リピーター獲得やよい口コミの拡散は難しいでしょう。それどころか、粗悪な工事を提供する業者として、SNSで情報を拡散されてしまう恐れもあります。

また近年では、より安全に暮らせる住まいのニーズが高まっています。理由としては、東日本大震災による甚大な被害が考えられます。メディアで連日被害の様子が放送され、多くの方が住まいの安全性を重視するようになったのです。

このような理由から、リフォーム事業者は検査や保証の体制を確立する必要があります。そのうえで、具体的に「どういった検査をどれくらいの頻度で行うのか」を、保証の詳細と併せて消費者にわかりやすく説明しなくてはなりません。

差別化をはかる

さまざまな企業が参入し、競争の激化が著しい業界だからこそ、他社との差別化を積極的に図る必要があります。競争が激しいリフォーム業界は、いわば弱肉強食の世界です。自社ならではの強み・魅力がない企業は淘汰されてしまうため、差別化を推し進めなくてはなりません。

かといって、差別化のため安直に低価格路線に舵を切ろうとするのは、あまりおすすめできません。低価格で工事を提供できるのは、強みであることには違いないものの、価格競争では高い確率で大手に負けます。価格競争において中小規模の事業者は、潤沢な資金を有する大手にはまず勝てないため、価格以外の強みをアピールしたほうがよいでしょう。

例えば、専門性を打ち出す手法が挙げられます。「何でもできます」と宣伝するよりも、「水回り工事専門」「バリアフリー工事専門」といった具合に専門店化したほうが、消費者の信頼を得られやすいでしょう。ほかにも「短期間で工事できる」「どこよりも長い保証を用意している」なども、強みとしてアピールできます。

他社との差別化を図るには、まず「自社にどのような強みがあるのか」をリストアップしてみるとよいでしょう。その中から、商圏の競合が打ち出していない強みをアピールできれば、集客力を高められます。

DXで生産性を向上させる

近年、あらゆる業界においてDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが始まっています。リフォーム業界においても、収益力向上のためにDXの推進が必要とされており、現に積極的に取り組む企業が増えています。

DXによる生産性向上が必要な理由は、業界が慢性的な人手不足であり、今後さらにその傾向が強くなると考えられるからです。人手が足りなくなれば、今あるリソースを活用しなくてはなりません。限られたリソースで従来と同じ、もしくはそれ以上の成果を得るには、生産性を向上させる必要があります。

例えば、顧客管理システムや営業支援システムなどの導入により、業務効率化を実現できます。「営業から契約までのフローを簡略化する」「自動的にアフターフォローを行う」といったことが可能になれば、限られた人員で効率よく業務を進められるでしょう。
また、DXで業務効率化が進めば、従業員一人ひとりの負担も軽減されます。働きやすい職場環境を構築できるため、採用力強化や離職率低下にもつながるでしょう。

リフォーム業界の成長に貢献「DroneRoofer」

「DroneRoofer」は、さまざまなリフォーム工事の現場に投入できるドローンサービスです。ドローン本体や操縦に利用するタブレット端末、保険などがセットになったパッケージサービスで、屋根・外壁・雨樋などの点検や、見積もり作成などに活用できます。

ドローンを用いれば、屋根や外壁を高所からすみずみまで点検できるため、品質や安全性の強化を実現します。従来のように、自社の職人が高所で点検を行う必要性もなくなるため、職人の安全性を確保できるのも魅力と言えるでしょう。
さまざまな業界でドローンの活用は始まっていますが、リフォーム業界ではまだあまり普及していません。そのため、導入すれば他社との明確な違い・強みを打ち出せます。ドローンによる短時間での点検と見積もりの作成など、競合との差別化を図れるため、集客力の向上効果が期待できるでしょう。

また、DroneRooferなら手軽にDXに取り組めます。本格的にDXを推進するには、既存のシステムや体制を見直す必要があり、手間と時間、莫大なコストもかかります。一方、 DroneRooferなら小規模な現場にも投入でき、操縦も容易であるため、手軽に取り組みを始められるのです。

このように、DroneRooferは他社との差別化、品質・安全性の向上、そしてDX推進を実現します。加えて、飛行許可申請の代行や、近隣トラブル発生時の対応も支援しており、安心して導入できます。スタッフの訪問レクチャーの提供により、導入から運用までに時間がかからないのもポイントです。これらの丁寧なサポートをワンストップで受けられます。
激化する企業間競争に備えて、自社の継続的な成長を図りたい方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

競争の激化や人手不足、悪徳業者によるイメージダウンなど、業界が抱える課題は多々あります。今後も生き残るためには、これらの課題を解決しなくてはなりません。そして、それには品質や安全性の強化、他社との差別化、DXの推進などが求められます。ぜひ早めに取り組みを始め、生き残れる会社を目指しましょう。
DroneRooferはこちら:https://lp.drone-roofer.com/

NEWSLETTER

ニュースレター

presented by DroneRoofer

NEWSLETTER

ニュースレター

DroneRooferが提供する屋根点検メディア MOTTOBE(モットべ)の
最新記事や新情報などを通知いたします。
ご登録希望の方は、下記フォームよりご登録ください。

REQUEST

DroneRoofer
資料請求

サービス導入で叶える
3つの機能をご紹介

・「操縦」をカンタンにできる機能
・「現地調査」を効率化できる機能
・「受注率」向上に繋がる機能

DroneRooferは点検・現場調査に携わる方の提案力や営業力を
向上させる建築事業者向けドローンサービスです。
フォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレスに資料ダウンロードのURLを
送付いたします。

会社・組織名

必須

お名前

 

必須

都道府県

主な事業内容

現地調査数

電話番号

必須

メールアドレス

必須
PAGE TOP
ドローンによる屋根点検サービスをお探しなら資料請求はこちら