2021年11月11日

外壁塗装集客マニュアル 契約を取るためのコツとは?

「外壁塗装の契約が取れない」「集客がうまくいかない」とお悩みの経営者の方は少なくありません。集客力を高めるには、さまざまなチャネルを複合的に組み合わせて活用する必要があります。本記事では、外壁塗装業者の集客力を高め、契約を獲得するコツを解説します。ぜひ参考にして、集客力アップに取り組んでみましょう。

外壁塗装業者が集客に成功するためのポイントとは

水回りや内装全般、エクステリア、外壁塗装など、リフォーム工事にはさまざまな種別があります。その中でも外壁塗装は、特に消費者から警戒されていることをご存知でしょうか。

消費者の警戒心が強くなっている理由は、過去に悪徳業者による外壁塗装の被害が多く発生したからです。外壁は外から劣化具合を把握しやすいため、悪徳業者に狙われるケースが少なくありません。事実、一時期はメディアでも取り上げられるほど、悪徳業者による詐欺まがいの外壁塗装工事が横行していました。そのため、消費者の中には今なお「外壁塗装=悪徳業者」「騙されるかもしれない」と考える方が多く見られます。

外壁塗装業者が集客を成功させるには、このような現状をまず理解する必要があります。そのうえで積極的に情報を発信し、消費者と信頼関係を築きつつ集客につなげるのがコツです。

また、従来のチラシや看板といったアナログな手法だけでなく、SNSやサイトなど、Web集客を組み合わせることも大切です。現代では業者選びにネットを活用する消費者も多いため、アナログな手法だけでは対応できません。さまざまな集客チャネルを複合的に組み合わせて活用することで、効果的な集客を実現できるでしょう。

サイト・ブログ

サイトやブログは、Web集客に欠かせない媒体です。リフォーム工事や業者に関する情報を収集するとき、多くの方はインターネットを利用するからです。サイトやブログは、インターネット上における窓口であり顔でもあるため、これらがなければ選定の候補にすら入れてもらえません。

サイトやブログでは、自社の強みや提供しているサービス、過去の実績などを発信しましょう。これらはリフォームを検討している層や、業者選びをしている消費者にとって、必要な情報だからです。

過去の実績をアピールするために、工事の様子やビフォーアフターを画像・動画で紹介するのもよいでしょう。また消費者の中には、「どのような人が来るのか」と不安を抱く方もいるため、在籍している職人の写真を掲載するのもおすすめです。併せて、お客様の声も掲載すれば、より安心感を与えられるでしょう。

そのほか、SEO対策をきちんと行うことも大切です。サイトやブログを集客に活かすには、まずアクセスしてもらわなければ始まりません。SEOで上位表示できればアクセス増につながり、問い合わせの増加や契約の獲得につながります。

SNS

SNSは、手軽にさまざまな情報を発信できるのが魅力です。一方的に情報を発信するのみならず、SNS上で消費者と交流も可能になるため、親近感を抱いてもらいやすく、信頼関係を構築できるメリットがあります。SNSは、媒体によってそれぞれ特徴が異なるため、以下で主な媒体を把握しておきましょう。

Facebook

「Facebook」は、40代のユーザーが多くを占めているSNSで、原則実名登録であることが特徴です。そのため信頼性が高く、ビジネスユースに適した媒体と言えるでしょう。

また、サイトのように利用可能な点も特徴です。さまざまな企業情報を掲載できるため、実際にサイト代わりとして利用しているケースも少なくありません。自社の強みや対応している工事の内容、価格に関することなど、あらゆる情報を発信できます。実名で登録しているユーザーが多くを占めているため、投稿に対するコメントや問い合わせから、契約につながりやすいのも魅力と言えます。

Twitter

「Twitter」は、短文投稿を軸としたSNSです。手軽に情報発信できることから、若年層から高齢層まで、幅広い年齢層のユーザーがいます。

Twitterの魅力は、何といっても拡散力の高さでしょう。リツイート機能があるので、投稿内容が爆発的に広がり、一度に大勢のユーザーに投稿を見てもらえる可能性があります。拡散リツイートを狙うのなら、大々的かつ魅力的な内容を投稿するのがポイントです。キャンペーンやセール、お得なイベントなど、拡散したくなるような投稿を狙いましょう。また、ユニークな内容や話題性のある情報なども、拡散されやすい傾向にあります。

注意点としては、「ネガティブな情報を拡散されてしまい、炎上してしまう」という恐れがあることです。ユーザーを不快にさせる内容や、問題のある発言をしてしまうと、あっという間に炎上してしまい、企業としての信頼を損ねる恐れがあります。投稿前にメッセージの内容をきちんとチェックしておきましょう。

Instagram

「Instagram」は、女性ユーザーが多いSNSです。写真の投稿に特化したSNSとして有名で、いかに見栄えのよい写真を投稿できるかが、フォロワーを増やすためのコツです。

Instagramを集客に活用するのなら、投稿する写真にこだわりましょう。ただ単に工事完了後の写真を掲載するのではなく、見栄えにこだわることが大切です。撮影方法にこだわるのはもちろん、必要に応じて編集ソフトを用いた修整・加工も行うとよいでしょう。

写真でユーザーの視覚に訴えられるのは、文章投稿にはない大きなメリットです。うまく活用できれば、集客だけでなく企業のブランディング強化にもつながるでしょう。実際、リフォーム業界でもInstagramを活用している企業は少なくありません。

YouTube

「YouTube」は、動画を投稿できる媒体です。あらゆる年齢層のユーザーが利用しているため、幅広い層へ情報を伝えられることが特徴です。

外壁塗装の集客に利用するのなら、工事の様子を撮影・投稿する方法が考えられます。「工事がどのように進むのか・どういった方法で塗装をするのか」など、気になっている消費者は少なくありません。
工事の様子を動画配信すれば「どのような職人が、どのような工事を行うのか」を、わかりやすく伝えられるため、信頼感を抱いてもらえるはずです。

工事の様子以外では、社長やスタッフが自ら出演し、業者選びのポイントや注意点などを解説する動画もよいでしょう。実際に外壁塗装を手掛けている事業者自ら解説すれば、説得力の高い動画となります。

なお、撮影した動画は視聴しやすく編集してから配信しましょう。見る人のことを意識して編集すれば、動画を最後まで見てもらえる可能性もアップするでしょう。

リスティング広告

「リスティング広告」とは、検索連動型広告を指します。検索してほしいキーワードを設定し、ユーザーがそのキーワードで検索したとき、ページ上部の広告枠に広告が配信される仕組みです。

外壁塗装を検討している方なら、「外壁塗装 名古屋市」のようなキーワードの組み合わせで検索するケースが少なくありません。また、「外壁塗装 安い」「外壁塗装 相場」などの組み合わせも考えられます。これらから適切なキーワードの組み合わせを設定しておけば、顧客になってくれやすいユーザーの検索結果ページ上部に、広告を配信できます。このようなキーワードで検索する方は基本的に、工事を検討しているか、何らかの関心がある方なので、クリックしてもらいやすいのです。

またリスティング広告は、クリック課金制を採用しているのも特徴です。つまり、広告が配信されるだけなら費用は発生せず、クリックされたときにだけ課金されます。そのため、少ない資金で運用できるのも、大きな魅力と言えるでしょう。

注意点としては、競合の多いキーワードのクリック単価が高騰しやすいことが挙げられます。検索ボリュームと競合の多いキーワードでは、「単価が高騰し、設定した予算では対応できなくなる」といったことも発生します。

チラシ

新聞への折り込みやポスティングなどでチラシを配布する手法です。従来からある販促の手法であり、Web集客が主流となりつつある現代においても、チラシを用いたプロモーションは行われています。

チラシのメリットは、インターネットを利用しない層にアプローチできることです。また、郵便物をポストから取り出す際、手にしてもらえる可能性が高いのも、チラシの魅力と言えるでしょう。

チラシを用いて集客を成功させるには、見る者を惹きつけるキャッチコピーや画像が必須です。一度は手にしてもらえる確率が高いですが、不要と判断された瞬間に捨てられてしまうことも多いでしょう。チラシを捨てられないためには、どのようなキャッチコピーや写真なら消費者の興味を惹けるかを考えることが重要です。

加えて、信頼感を与えられる内容に仕上げるのも、集客効果を高めるうえで大切なポイントです。住所や連絡先、保証やクーリングオフ、お客様の声などをきちんと掲載しておけば、安心感を抱いてもらいやすく、問い合わせや契約につながる可能性はアップするでしょう。

Googleマイビジネス

「Googleマイビジネス」とは、Googleが提供しているサービスです。情報を登録しておけば、検索ページやGoogleマップ上に自社のさまざまな情報を表示できます。例えば、「外壁塗装 名古屋」のようなキーワードで検索されたとき、検索ページにGoogleマップと企業の情報が表示されるのです。事業年数や営業時間、お客様からの口コミなども掲載されるので、集客に役立ちます。

登録方法は、まずGoogleマイビジネスにアクセスし、必要な情報を入力します。ビジネスのカテゴリや住所などを入力して、Googleマップ上へのマーカー配置などを行えば完了です。登録にかかる時間は5~10分ほどで、費用もかかりません。

一括見積サイト・ポータルサイト

一括見積サイトやポータルサイトは、認知度アップや集客効果が見込める媒体です。基本的に、このような媒体へアクセスする方は。外壁塗装に興味がある方か、依頼へのモチベーションが高まっている方が大半です。そのため、この宣伝方法は「比較的集客に結びつきやすい」というメリットがあります。

デメリットとしては、競合の多さが挙げられます。現在では、いくつもの一括見積サイトやポータルサイトがあり、大手を含む多くの業者が活用しています。そのため、「自社ならではの魅力や強み」を適切にアピールできなければ、競合に顧客を奪われてしまう恐れが高いのです。

また、一括見積サイトの場合は、価格競争に突入しやすいのも注意点です。このようなサイトを利用する方は大抵、「できるだけリーズナブルな価格で工事をしてもらいたい」と考えています。それゆえ競合が多ければ多いほど価格競争になりやすく、苦労して工事を受注できたとしても、利益がほとんど出ない、といったことにもなりかねません。また、商談までこぎ着けられたとしても、他社が自社よりも安価な見積もりを提出すれば、あっさりとお客様を奪われてしまう可能性もあります。

一括見積サイトやポータルサイトは、直接的な集客を狙うよりも、認知度アップのために用いたほうがよいでしょう。集客できたとしても、ほとんど利益が出ないようでは意味がありません。認知度アップを主目的とし、集客の補助的な媒体として利用することをおすすめします。

顧客のニーズに応える情報発信を

どの媒体を利用するケースでも、顧客のニーズに応える情報を発信することが、集客を成功させるコツです。ユーザーが抱えている悩みやニーズを把握し、それに応えられる内容を発信すれば、信頼関係を構築でき工事の受注にもつながります。

また、自社ならではの強みをしっかりと伝えることも大切です。競争の激しい外壁塗装業界で集客を成功させるには、他社とは違った強みや、自社に依頼するメリットなどをアピールしなくてはなりません。まずは、自社にどのような強みがあるのかを正確に把握することから始めてみましょう。

集客力の強化を目指すのなら、「DroneRoofer」の活用もおすすめです。これはドローンを用いた外壁や屋根の点検ができるパッケージサービスで、導入から運用まで丁寧なサポートを受けられます。

ドローンを導入すれば、高所の点検が容易になり、従来のような「職人が足場を組んで点検する」といった工程を省けます。そのため、職人の安全性を確保しつつ短時間で見積もりを作成可能です。
チラシやWebで情報発信する際も、「ドローンの活用実績」は自社の強みとして興味を惹けるでしょう。加えてドローンなら、立ち入りが危険な箇所などについても細部に渡って点検できるため、工事品質の高さを求める消費者への訴求にもつながるのです。

外壁塗装やリフォーム業界でも、ドローンの利用は広がりつつあります。ライバルが導入する前に取り組みを始められれば、自社の優位性を確立できるでしょう。この機会に、ぜひDroneRooferの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

外壁塗装業者が集客を成功させるためには、積極的な情報発信により、消費者に信頼してもらう必要があります。サイトやSNSなどWeb媒体だけでなく、チラシのような手法も活用し、さまざまなチャネルで情報発信に取り組みましょう。
DroneRooferはこちら:https://lp.drone-roofer.com/

NEWSLETTER

ニュースレター

presented by DroneRoofer

NEWSLETTER

ニュースレター

DroneRooferが提供する屋根点検メディア MOTTOBE(モットべ)の
最新記事や新情報などを通知いたします。
ご登録希望の方は、下記フォームよりご登録ください。

REQUEST

DroneRoofer
資料請求

サービス導入で叶える
3つの機能をご紹介

・「操縦」をカンタンにできる機能
・「現地調査」を効率化できる機能
・「受注率」向上に繋がる機能

DroneRooferは点検・現場調査に携わる方の提案力や営業力を
向上させる建築事業者向けドローンサービスです。
フォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレスに資料ダウンロードのURLを
送付いたします。

PAGE TOP
ドローンによる屋根点検サービスをお探しなら資料請求はこちら