2021年10月7日

リフォームの広告戦略、見直しませんか?押さえるべきポイントを解説!

リフォーム会社の集客方法は多岐にわたります。訪問営業や見学会、チラシの配布などのオフライン広告が代表的ですが、なかなか成果に結びつかない、と悩んでいる経営者や担当者も多いのではないでしょうか。オンライン広告にシフトされたい方もいるでしょう。本記事では、リフォーム集客の広告活動で見直すべきポイントや、オンライン・オフラインそれぞれの広告におけるメリット、デメリットなどについて解説します。

広告は主に2種類に分けられる

広告は、大きくわけてオフライン広告とオンライン広告の2つに分類できます。オフライン広告は、従来からある手法で、チラシや看板、マスメディアの利用などが代表的で、オンライン広告はバナー広告や動画広告、リスティング広告などが主流です。それぞれの特徴を紹介します。

オフライン広告

オフライン広告とは、インターネットを介さない広告です。マスメディア(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)やチラシの配布、看板広告などが代表的です。従来からある手法であり、リフォーム業界でもチラシ配布や訪問営業はよく用いられてきました。

近年は、インターネットの普及によりオンライン広告を活用する企業が増えましたが、まだまだオフライン広告も需要があります。現在では種類も増え、デジタルサイネージやタクシー広告などにも注目が集まっています。

オフライン広告の特徴は、エリアを限定した訴求が可能であることです。たとえば、チラシのポスティングなら、ターゲット層が多く暮らしているエリアに絞って、重点的に配布するといったことが可能です。リフォーム業界との親和性が高いのも、このような特徴があるからでしょう。

オンライン広告

オンライン広告とは、インターネットを介した広告を指します。インターネットの利用率上昇や、スマートフォンをはじめとしたモバイルデバイスの普及に伴い、オンライン広告の需要が高まってきました。

検索連動型と呼ばれるリスティング広告をはじめ、SNS広告やバナー広告、動画広告、リターゲティング広告など、さまざまな手法があります。現代は誰もがインターネットを利用する時代でもあるため、オンライン広告市場は右肩上がりに成長しています。

オンライン広告の特徴は、効果測定が容易であることです。どの程度のユーザーが広告をクリックしたのか、どれほどコンバージョンにつながったのか、といったデータをチェックでき、分析を行えます。効果を測定しつつ配信できるため、費用対効果が高いことが特徴といえるでしょう。

オフライン広告のメリット

現在でも、オフライン広告はさまざまな業界で活用されています。リフォーム業界においても、集客で利用されるケースは少なくありません。では、オフラインでの広告には、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

広告の露出が保証される

確実に広告を露出させられるため、さまざまな人の目に触れさせられることがメリットです。たとえば、看板広告を設置すれば、その近隣を行き来する方や、住んでいる方など一定数の人目に触れます。

TVCMにしても同様です。視聴者はあまりCMを気にしていないかもしれませんが、何となくでも目にします。自然に目に入るため、CMの内容や社名、商品名を覚えてしまい、購買につながるといったことは十分考えられるでしょう。

新聞や交通広告なども、一定数の目に留まるのは間違いありません。このように、広告の露出が保証され、一定数の目に触れさせられるのは、オフライン広告の大きなメリットです。

競合が少ない

後述するオンライン広告は、星の数ほど競合がいます。インターネットは世界中とつながっているため、国内どころか海外の企業と競合することも珍しくありません。そのような中で成果につなげるのは、至難の業といえるでしょう。

一方、オフライン広告は競合の少なさが魅力です。エリアやターゲットを絞ってプロモーションを展開できるため、ライバルがあまりいないところで闘えます。

チラシの配布にしても、エリアやターゲットを絞り、ピンポイントで訴求すれば、十分な集客効果が見込めます。地域によっては、競合が多く入り込んでいるところもあるでしょうが、オンラインの世界に比べるとはるかに少ないでしょう。

知名度や企業イメージが向上する

オフライン広告なら、多くのユーザーにアピールできるため、知名度や企業イメージの向上効果が期待できます。たとえば、テレビ番組で取り上げられた、雑誌に掲載された、といった実績は、多くの方に強烈なインパクトを残せ、安心感にも繋がるでしょう。

知名度や企業イメージが向上すれば、ブランディングやマーケティングにも有効に働きます。「リフォームなら〇〇社」と多くのユーザーに印象づけることもでき、集客力の向上効果も期待できるでしょう。

影響力のある著名人を起用するのもおすすめです。それなりのコストはかかりますが、著名人のもつ影響力は並外れたものがあります。人気アーティストやタレントを起用すれば、短期間で知名度をアップさせることも不可能ではありません。

オフライン広告のデメリット

現在でもさまざまなシーンで活用されているオフライン広告ですが、デメリットがあることも覚えておきましょう。広告内容変更時にコストがかかる、効果測定をしづらいなどのデメリットが代表的です。詳しく見ていきましょう。

広告の内容変更時にコストがかかる

後述するオンライン広告なら、広告内容の変更が容易です。一方、オフライン広告の場合、内容を変更するのに時間と手間がかかり、多額のコストが発生します。そのため、頻繁に内容を変更しづらいのが、大きなデメリットといえるでしょう。

たとえば、紙媒体のチラシなら、内容を変更したい場合、再度印刷し直す必要があります。デザインを作り直し、新たに印刷し直す必要があるため、時間も費用もかかります。看板も、新たなものに変えるのなら、既存のものを解体撤去し、新しく制作したうえで設置しなくてはなりません。

このように、内容変更の自由度が低く、その都度多額のコストが発生してしまうのが大きな難点です。「今すぐ広告を出したい!」といったシーンにおいても、オフライン広告では対応できません。

効果を測定しづらい

オンライン広告は、広告の効果がデータとして残るため、分析やフィードバックが容易です。クリック率やCV率などをチェックでき、そのときどきに応じて内容を変えつつ、検証と分析、実行を繰り返せます。

一方、オフライン広告はこのような効果の測定が困難です。できないわけではないのですが、データを収集するのにも時間がかかり、しかも正確な数値で示されるわけではないため、データそのものの信頼性が高くありません。

たとえば、チラシを配布して、自社に問い合わせや工事依頼の電話がかかってきたとしましょう。「チラシの効果が出た!」と喜ぶ場面ですが、本当にチラシの効果なのでしょうか。もしかすると、以前から工事を依頼したいと考えており、たまたま電話をかけてきたのかもしれません。

本当にチラシを見て問い合わせをしてくれたのか、看板の効果で集客につながったのか、といったことを判断しにくく、今後の展開に活かしにくいのがデメリットです。

オンライン広告のメリット

インターネットやモバイルデバイスの普及に伴い、オンライン広告を活用する企業も増えてきました。テレビや雑誌は見なくてもスマホを見ない日はない、という方もいるでしょう。ターゲティングのしやすさや効果測定がしやすいなど、オフラインにはないさまざまな魅力があります。

ターゲティングしやすい

プロモーションにおいては、できるだけ精密なターゲティングが必須です。ターゲティングがきちんとできていないと、誰に何を伝えたい広告なのかがわからず、購買につながらないからです。

オンライン広告なら、地域や性別、年代別などでセグメントわけし、精密なターゲティングが可能です。誰に広告を表示させたいのかを設定しやすいため、メインのターゲット層に響く広告を配信できます。

つまり、無駄のないアプローチが可能なのです。チラシ配布の場合、エリア内にあるすべての住宅に配りますが、中にはまったくチラシの内容に興味がない方もいます。このような方にチラシを届けるのは、コストの無駄になってしまいますが、オンライン広告ならそのようなことがありません。

効果測定が容易にできる

オンライン広告は、効果が数値で示され、可視化が可能です。どれくらい広告が表示されたのか、クリック率やコンバージョン率なども測定できるため、今後に活かしやすいことがメリットといえるでしょう。

これらのデータを活用すれば、広告内容の改善に役立てられます。たとえば、クリック率は高いのにコンバージョン率が低いとなれば、誘導した先のサイトに何かしらの問題があると判断できます。クリック率が低いのなら、ターゲティングやキーワードの選定に問題があると考えられるのです。

データからさまざまなことを読み取ることができ、適切に改善の施策を打ち出せることが、オンライン広告ならではの魅力といえるでしょう。きちんとPDCAサイクルを回すことができ、どんどん成果を得られる洗練された広告に変えていけます。

SNS上で拡散されやすい

TwitterにFacebook、Instagramなど、現在ではさまざまなSNSが普及しています。SNSには、情報を共有する機能が備わっているため、ユーザーはワンタップ、ワンクリックで情報を拡散できます。

ユーザーの目を引く広告なら、広く拡散してもらえる可能性があるのも、メリットのひとつといえるでしょう。その結果、販売側が意図していなくても、広告が広く拡散され、多くの人の目に触れる可能性があります。

ただ、これはメリットである反面、リスクもあるため注意が必要です。好意的に拡散されるのならよいのですが、ユーザーの不興を買ってしまい、悪意をもって拡散されるおそれがあります。その結果、広告や販売元の公式アカウントが炎上してしまう、といったことが考えられます。

オンライン広告のデメリット

オンライン広告にも、いくつかデメリットがあります。運営していくには一定のスキルが求められる、競合が多いなどが代表的なデメリットです。詳しく見ていきましょう。

運用していくにはスキルが必要

オンライン広告の活用を始めるのは、それほど難しいことではありません。そのため、手軽に運用をスタートできますが、成果につながる運用を続けるためには、一定のスキルが必要です。

たとえば、オンライン広告は効果測定をしやすいのが魅力ですが、測定と分析にはWebマーケティングの知識がないと運用しても効果予測が難しい場合があります。データを見て、どこに問題があるのかを把握し、適切な対処を行うには、正しい知識やスキルが求められます。知識が乏しいと、頻度や内容などにおいてユーザーが苦痛に感じる広告を表示してしまうこともあるため注意しましょう。

また、SNSに関する知識も要します。SNSによって、メインユーザー層が異なることや、実装されている機能に違いがあることなどを、理解しておかねばなりません。

このように、オンライン広告は特化したスキルが必要であるため、経営者や担当者によっては、本業を優先してしまい広告を放置してしまうケースもあります。

競合が多い

世界につながっているインターネットは、世界中の商品やサービスが競合になってしまうデメリットがあります。現在では、あらゆる業界の企業がオンライン広告を活用しており、今後もどんどん競合は増加すると考えられます。

ただ、リフォーム業界に関しては、基本的に地域を限定して事業を営むケースが多いため、そこまで気にする必要はないかもしれません。オンライン広告を活用しつつ、チラシや交通広告など、オフライン広告も併用すれば、商圏からの集客は十分可能です。

DroneRooferを導入してバリュープロポジションを高めよう

競合他社にはない、唯一無二の強みがあれば、効果的な集客が可能です。このような、顧客にとってのその商品の価値のことを、バリュープロポジションと呼びます。バリュープロポジションを高める手法はいくつもありますが、リフォーム会社においておすすめなのはDroneRooferの導入です。

バリュープロポジションとは?

顧客が、その商品を手に入れることで得られる価値のことです。自社の存在価値や独自性を顧客に伝え、その価値を高めることができれば、他社との明確な差別化につながり、高い集客効果を得られます。

リフォーム会社選びにおいても、自社にしかない強みや価値があれば、お客様から選んでもらえる可能性が高まります。企業として安定した地位を確立し、順調に利益を確保するためにも、バリュープロポジションを高める必要があるのです。

DroneRooferならバリュープロポジションを高められる

DroneRooferは、ドローンを用いた点検ソリューションサービスです。屋根や外壁の検査に利用でき、従来では難しかった安全性を確保した点検作業が可能です。

操縦はiPadで簡単に行え、小規模な現場にも導入できます。小回りのきくドローンを用いているため、特に住宅リフォームの現場では活用の幅が広がるでしょう。

また単独現場、単独事業者でも導入可能であるため、小規模なリフォーム会社にも適しています。もっとも気になる操作ですが、技術習得が容易なのもDroneRooferの特徴です。導入に関してはもちろん、操作や法律、保険に関するサポートも行っており、安心して導入と運用を始められます。バリュープロポジションを高めるためにも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

リフォーム会社の広告戦略においては、オフライン広告とオンライン広告、それぞれのメリットとデメリットを正しく理解することが大切です。どちらか一方に固執せず、柔軟に組み合わせて活用するのも有効です。また、いずれにしてもバリュープロポジションを高めることが、集客に重要であることを理解しておきましょう。
DroneRooferはこちら:https://lp.drone-roofer.com/

NEWSLETTER

ニュースレター

presented by DroneRoofer

NEWSLETTER

ニュースレター

DroneRooferが提供する屋根点検メディア MOTTOBE(モットべ)の
最新記事や新情報などを通知いたします。
ご登録希望の方は、下記フォームよりご登録ください。

REQUEST

DroneRoofer
資料請求

サービス導入で叶える
3つの機能をご紹介

・「操縦」をカンタンにできる機能
・「現地調査」を効率化できる機能
・「受注率」向上に繋がる機能

DroneRooferは点検・現場調査に携わる方の提案力や営業力を
向上させる建築事業者向けドローンサービスです。
フォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレスに資料ダウンロードのURLを
送付いたします。

PAGE TOP
ドローンによる屋根点検サービスをお探しなら資料請求はこちら